PlantUMLで講義図式を出力してみたら、自分の課程の相談が分かった気がした

数学の話を開く場合、図解を描いて考えなさいとそれほど言われましたが、それをプログラムにも応用するためにPlantUMLでカテゴリー図解を描いてみました。
すると、カテゴリー同僚がいかなる脈絡なのかが明瞭で分かりやすくなり、その分考え易くなりました。
作りなおしたほうが喜ばしいカテゴリーとか、変更したときの煽り方面が広すぎるカテゴリーとか、何かと症状を見つけやすくなり、
個人的にはPlantUMLと出会えて凄い良かったと思います。簡単にUML図解を制作出来るのが良いですね。
Atomにplantuml-viewerというパックを入れれば、現況でパワーを確認しながらPlantUMLを記せるので、
PlantUMLを書く時はAtom+plantuml-viewerがマストです。
PlantUMLという器機を手に入れて、またほんのりプログラム技術が上がったような気がします。まぁ、気がするだけであまり変わっていないかもしれませんが。即日融資ランキング