サッカー日本代表のハリル監督解任について思う事

このニュースを聞いた時何故か嬉しい気持ちになった。これまでサッカー日本代表を応援してきたが、ここ最近は試合がとてもつまらないので、途中で観る気持ちが失せていた。ハリル監督の縦に早いサッカーのコンセプトは、同意するがその強引な進め方は、多くの日本人に馴染まない。彼がやっていることは独裁者と変わらない。そもそも勤勉な国民性の日本では、そのようなリーダーシップを発揮すると上手くいかない。ハリルは、日本人の国民性を理解していないのだ。高校サッカーレベルであれば素直に聞くかも知れないが、世界的に弱いといっても個々はプロのサッカー選手である。自分の意見があり、監督に直訴することは当然である。しかしハリル監督は、それを認めず自分の指示に従うイエスマンを求め、意見する選手を冷遇した。それで勝てればいいが、勝てもしないし試合もつまらない。応援する気もなくなる。また、スポンサーの苦悩も容易に想像出来る。中心選手がおらず、サムライジャパンの写真入りポスターを作るにも、その選手が次に選ばれるか全く読めないのである。例えばワールドカップ予選で、大活躍した井手口選手ですら今は呼ばれていないのだ。サポーターは勝つことを勿論期待するが、今まで中心にいた選手のプレーそのものに魅力を感じていたのだ。ファンを惹き付ける選手は、勿論実績と実力があり、メンタルが強い。名前で選ばないとハリルは言っていたが、知名度の高い選手はサッカーに対する姿勢が違うのだ。ハリル監督には、日本人を舐めるなと言いたい。我々は勝てない相手に果敢に挑むサムライ日本人である。ワールドカップ本番ではどうか良い試合を、ファンを魅了するプレーを期待します。